北九州市八幡西区の歯科・歯医者/インプラント・虫歯治療・ホワイトニング・予防歯科・矯正・小児歯科

診療時間9:30~13:00 / 14:30~20:00	TEL:093-621-3804

亀山歯科クリニックブログ

治療ブログ

症例集

亀山歯科クリニックブログ

亀山愛子のAI DIARY愛ダイアリー

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

Q.前歯の虫歯の治療とホワイトニングはどちらを先にしたら良いですか?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

前歯の虫歯の治療とホワイトニングの順番ですが、白い詰め物(レジン充填)程度の虫歯であれば、先にホワイトニングを済ませて、白くなった歯の色に合わせて白い詰め物をした方が良いでしょう。また、神経を取らないといけないような症状のある虫歯であれば仮歯を装着するまで治療を行った後にホワイトニングを行い、白くなった歯の色に合わせて被せ物の製作を行うと良いでしょう。

2017-01-14 14:53:58

Q.虫歯が多いのですが、週一回の来院で治療可能ですか?

A. 北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

勿論可能です。当院でも週一回しか来院できない患者もいらっしゃいます。予約状況にもよりますが、一度にたくさん治療して治療回数を少なくすることもできますので、その時はご相談ください。

2016-12-12 09:27:00

Q.右下奥歯の銀歯を被せている歯の歯茎に「おでき」ができてるのですが?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

 根っこの埋まっている骨の部分に膿が溜まっている状態です。膿が溜まる原因としては根っこの中の細菌が骨に感染したり、根っこが破折している等が考えられます。そのままにしておくと、骨が溶け、場合によってはアゴの神経まで感染が広がり、抜歯せざる負えなくなったり、重篤な脳障害をもたらしたとの報告もあります。早めに歯科医院を受診することをお勧めします。

2016-12-05 18:56:00

Q.上の親知らずが大きく欠けて痛みがあるのですが?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

上の親知らずが欠けたとのことですが、おそらく虫歯が原因で欠けた可能性が高そうです。そして、神経まで虫歯が進んでいるために痛みが出ているようです。親知らずは歯ブラシが届きにくいため、虫歯になりやすい歯です。もし治療を行うにしても歯科器具を入れることが困難であり、またその後、再度虫歯をつくりやすいため無理に治療をするより抜いたほうがよい場合が多いです。

2016-12-01 15:30:00

Q.根っこ中に最終的な薬を入れた後、歯が痛むことはありますか?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

根っこの中に最終的な薬を入れることを根管充填といいます。根管充填後、充填剤により、根っこの先の組織が刺激を受けることで、痛みが数日間、出現する場合があります。痛みが長い期間持続する場合は、他に原因がある可能性があります。

2016-11-19 10:18:00

Q.前歯を被せるのは オールセラミックとメタルボンドとどちらが良いですか?

A.  北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

自然な天然の歯に近い色調を出すのであれば、裏に金属が入っているメタルボンドよりもオールセラミックの方が「より天然歯に近い色調」を再現する事が可能です。ただし、オールセラミックは、中の土台の色を透過するので金属の土台では製作できません。金属の土台であればメタルボンドを選択せざるを得ないでしょう。よって、ファイバーの土台を入れることが可能であれば、私はオールセラミックをお勧めします。
 

2016-11-09 19:31:48

Q.前歯のさし歯で硬い物を噛んでから、根元の歯茎が腫れて、痛みがあるのですが?

A. 北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

診てみないと何とも言えませんが、さし歯が外れかけている、根の先に病変がある、根っこが折れている、などが考えられます。放置していても治りませんので、早めに歯科医院を受診された方が良いでしょう。

2016-11-04 13:58:00

Q.人工透析をしてますが、歯科治療は可能でしょうか?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

通常の虫歯治療などは特に問題なく可能です。抜歯などの観血的処置は透析日と透析日の間で行います。心臓疾患を合併している場合などは、エピネフリン添加の局所麻酔は使用しない方が良いかもしれませんが、逆に止血の問題が出てきますので、合併症の程度を歯科医師がきちんと把握する必要があります。

2016-11-02 09:26:29

Q.根っこの治療を中断しているところが痛くなったのですが?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。
 

 細菌や腐敗産物で汚れた根管(歯の神経が入っていた管)を清掃消毒し、薬で隙間なく封鎖する処置が根管治療です。
この根管治療を途中で止めてしまうと、根管内が再び細菌に感染したり、口腔内の汚れで汚染されてしまいます。そして、そのまま放置しておくと、根の先に出来た病巣(根尖病巣)が大きくなってしまったり、むし歯が根の方向に進行してしまい、本来なら抜かなくてもよい歯を抜くことにもなります。また、根の周囲が膿んで強い痛みが出たり、大きく腫れたりすることもよくあります。しっかりと最後まで治療を受けないとさらに病気を進行させる結果になってしまいます。

2016-11-01 09:34:34

Q.歯周病は、様々な病気のリスクを高めるって本当ですか?

A.北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックの亀山秀一郎です。

歯周病は血液中の糖を調節するインスリンの効きを悪くして、糖尿病を悪化させると言われています。また、糖尿病が末梢血管の血流を悪化させたり、体の防御機能を弱めたりするため、歯周病が進行しやすくなります。糖尿病と歯周病は、お互いの病状を悪化させる関係にあるのです。このほか、歯周病原最近が産生する内毒素が、動脈硬化や狭心症を悪化させる可能性があることも指摘されています。全身の健康を維持するために、歯周病を治して、口の中を綺麗に保つことを心がけましょう。

2016-10-27 10:18:52

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
PAGE TOP