北九州市八幡西区の歯科・歯医者/インプラント・虫歯治療・ホワイトニング・予防歯科・矯正・小児歯科

診療時間9:30~13:00 / 14:30~20:00	TEL:093-621-3804

小児歯科

治療ブログ

症例集

亀山歯科クリニックブログ

亀山愛子のAI DIARY愛ダイアリー

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

HOME»  小児歯科

小児歯科

小児歯科では、子供の歯の健康を守るために、子供の口腔内の病気や虫歯、定期健診を行います。乳歯の虫歯というのは、大人になってからの生活に影響を及ぼします。いずれ抜けて生え変わるから、子供が痛いと言わないからと放置していると、歯の交換がうまくいかずその後の歯並びにも影響してきます。

定期健診では、異常があれば早期に処置し、今後の成長発育を考えます。
不成咬合などの異常をより良い方向へ誘導し、正常な永久歯列をつくることが小児歯科の目的です。

北九州市八幡西区の亀山歯科クリニックでは、ただ虫歯を治すだけではなく、お子様にとって今本当に必要なことは何かを考え、治療後も定期的にケアをしていくことが重要と考えています。また「亀山矯正歯科センター」を併設しており専門の医師が常に院内におりますので、お子様の歯並びで気になることなど、いつでもご相談をお受けすることができます。

矯正治療中のお子様においては、小児歯科との連携により歯並び以外の処置に関してもスムースに進めることが可能です。

亀山矯正歯科センターのHPはこちら>>

小児歯科のQ&A

シーラントとは?

奥歯には溝があり、形がボコボコしていて、食べかすが残りやすく磨きにくい所があります。
溝に食べかすや汚れが残ったままだと、そこから虫歯になります。
この溝からの虫歯を予防するために虫歯になる前に溝を浅くして歯ブラシの毛先が届きやすいようにします。


  • シーラント前

  • シーラント後
ブラッシングのポイントは?

ポイント1:3回の雑より1回の丁寧
→量より質!1日1回でも丁寧に磨くようにしてください。

ポイント2:1日以上、汚れを持ちこさない
→その日の汚れはその日のうちに!1番虫歯になりやすい時間は寝ているときです。寝る前の歯磨きを1番丁寧にしましょう。

ポイント3:習慣づける
→自分の口の中に関心を持とう!毎日、丁寧に歯磨きする事で、ちょっとした口の中の変化にも気付けるはずです。

虫歯になりやすいおやつは何?

第1位:ソフトキャンディー、ジュース類、キャラメル類
→べたべたひっつく

第2位:チョコレート、菓子パン、団子類
→お口に残りやすい

第3位:アイス類、プリン類、ゼリー類
→だらだら食べには注意

生えたばかりの歯は虫歯になりやすいって本当?
生えたばかりの歯は、歯の表面がやわらかく酸に侵されやすいため虫歯になりやすいです。
歯が生えてから表面がかたくなってくる1年くらいの間は特に要注意です。
この時期にフッ素を塗ったり、あらかじめ溝をシーラントというフッ素入りの樹脂で埋めて虫歯にならないようにする方法もありますので、よく相談してください。
下の前歯の乳歯が抜けてないのに永久歯が生えてきただけど大丈夫?
下の前歯にはよくあることです。歯がグラグラしているのであれば、経過を見ておいていいのですが、歯磨きや食事の時に不憫を感じることがあれば歯科医院で抜歯してもらいましょう。
動揺がほとんどなくしっかりしている場合は、抜歯が必要かどうかチェックしてもらいましょう。
歯磨きしているのに、歯が着色してしまいます、どうして?

お茶碗に着く茶渋と一緒です。お茶などに含まれる色素が歯の表面に着いただけなので、とくに虫歯の原因にはなりません。
歯ブラシで磨いてなかなか取れない場合は、歯科医院で専用の磨き粉を使った機械による清掃をするときれいになります。


  • 清掃前

  • 清掃後
上の前歯にすじが入り込んで隙間が空いてますが大丈夫?
上唇を上にひっぱった時にできるすじを上唇小帯(じょうしんしょうたい)と言います。
1歳半くらいまでは比較的大きく厚みがありますが、成長するにつれて徐々に上の方に位置してくることがあります。
そのため小帯をすぐに切除するのではなく、様子を見る場合がほとんどです。
またケガによって自然に切れることもあるので、前歯4本が永久歯に生え変わるまではそのまま様子を見ましょう。
指しゃぶりはいけないの?
指しゃぶりを頻繁にしていると上下の前歯が咬み合わなくなったり、出っ歯気味になったりします。
これは指(多くは親指)によって上の歯は外側に、下の歯は内側に押されるためです。指しゃぶりの原因としては、母乳を吸う反射の延長、あるいはストレスや欲求不満の解消などが考えられます。
口をポカンとあけていることが多いのですが、大丈夫?
口を閉じること(リップシール)はとても大切です。正しい歯並びを育てるには「口の正しい姿勢」と「正しい呼吸」(鼻呼吸)が必要です。
来院されるお子様をよくよく観察してみると口もとにいつもシマリがないお子様に共通して見られるのは、姿勢(首の角度)も良くないということです。
矯正治療の基本はまず口を閉じることです。鼻疾患のある方はまず鼻の治療がいるかもしれません。
口周りの筋肉が正しく働くことによって歯は正しい位置に並びます。
口のことで思春期に気をつけることは?
思春期のこと時期には思わぬ歯科的落とし穴がいっぱい。
スポーツ飲料の多飲やスナック菓子のダラダラ食い、睡眠時間の減少、受験や友人関係でのストレス、いずれも口内環境に影響を及ぼします。急激な骨格成長と咬合の変化から、顎関節症を発症する事が多いのもこの時期です。
特に女の子は歯並びや、歯の色など敏感に気にする年頃でもあります。思春期の定期検診はとても大切です。
授乳中のミルクが原因で虫歯になることはあるの?

授乳中のミルクが原因で虫歯になるのは、寝る前にミルクを飲む習慣があったり、飲みながら寝てしまうことに問題があります。
寝た後は唾液の分泌が減少し高い濃度のミルクは歯の裏側にべったりくっついて細菌を繁殖させ哺乳ビン性の虫歯になります。

授乳中の虫歯予防として・・・

  • 1歳くらいからなるべく哺乳ビンの代わりにコップを使う
  • 1回の授乳時間を出来るだけ20分以内とする
  • きれいなガーゼのハンカチで口腔内を拭く(特に前歯の表裏)
  • 寝る前の仕上げ磨きをしっかりする
  • 歯科医院での検診(フッ素塗布)
同じスプーンで食べたりしたら虫歯になるというのは本当ですか?
お母様のお口の中に虫歯菌のミュータンス菌などが多いと、同じスプーンやおはしを介して虫歯菌がうつることがあります。歯ブラシやスプーンは別々の物を使って、お母様自身が歯みがきをがんばれば、うつりにくくなりますのであまり心配しないで下さい。
子供が歯医者に行きたがらないのですが、どうしたらいい?
おさえつけたり等の強制的な治療はいたしません。
無理やり治療するのではなく、お子様の希望を尊重しつつ的確な処置を行っていきますのでぜひ一度一緒に来院下さい。
歯をぶつけて唇から出血した時は歯医者に行った方がいい?
できるだけ早く歯科医院を受診しましょう。傷が浅ければ、消毒だけでよく、腫れもあまりありませんが、傷が深い時は、傷口から感染して化膿したりすることもあります。また歯をぶつけているので、現在痛みはなくても後々に症状が出てくる可能性もあります。
出血か所から唇の傷だけのように見えることもありますが、歯をぶつけていると歯にも何か影響がある場合があります。(かけたり、ヒビが入っているなど)。
エックス線写真での確認が必要な場合もあります。正確な診断による適切な処置を受けるようにしましょう。
TOP