北九州市八幡西区の歯科・歯医者/インプラント・虫歯治療・ホワイトニング・予防歯科・矯正・小児歯科

診療時間9:30~13:00 / 14:30~20:00	TEL:093-621-3804

審美歯科修復メニュー

治療ブログ

症例集

亀山歯科クリニックブログ

亀山愛子のAI DIARY愛ダイアリー

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

HOME»  審美歯科修復メニュー

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、セラミックに近い審美性を持つ樹脂を直接歯に盛り付けていき、本来の歯の美しさを再現する方法です。保険材料のレジンと比べるとより透明感や光沢が優れており、変色もほとんどありません。しかも直接歯に盛り付けていくため従来のように削った後、型をとる必要がなく治療回数も少なくできる場合があります。
しかしあまり大きな修復には適応できないことや、色調の合いに十分でない歯牙の場合もあり、その場合は従来のようにセラミックで修復する必要があります。

適応は

  • 歯が破折した場合
  • 前歯に隙間がある場合
  • 以前詰めたレジンが変色して気になる場合
  • 前歯の虫歯治療をより目立たなくしたい場合

などにお勧めできる方法だと思います。

治療例 1

治療前(表側)   裏側
治療前(表側)   裏側
   
虫歯を除去    
虫歯を除去1   虫歯を除去2
   
ダイレクトボンディング後    
ダイレクトボンディング後1   ダイレクトボンディング後2

治療例 2

歯が欠けてしまった場合も   欠けた所だけにダイレクトボンディング
歯が欠けてしまった場合も 欠けた所だけにダイレクトボンディング

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック製の詰め物のことです。
虫歯治療での金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に使用します。
大きく口を開けた時、金属の詰め物などが目立ちませんか?
金属を使用しないため金属アレルギーの心配もありません。見た目も美しく、仕上がりが自然です。

保険適用(銀歯)1 セラミックインレー1
保険適用(銀歯)2 セラミックインレー2
保険適用(銀歯)   セラミックインレー

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を薄く削り「付け爪」のような感覚で、薄いセラミックを歯の表面に完全に接着させることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げる方法です。

歯へのダメージも最小限であり、ごく自然に仕上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。
接着技術の向上により出てきた治療法で、今までなら削ってかぶせていたものを、セラミックを貼りつけることで形態や色を変えることができます。通常は、簡単にはがれたり、割れたりしません。

当クリニックでは、

  • 歯の色が気になる
  • 前歯に隙間があって気になる
  • 歯の形をもう少しバランスよくしたい
  • 歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌

といった方に最適な治療法としてラミネートベニア法をお勧めしております。

治療前 歯ぐきを傷つけないよう歯と歯ぐきの間に糸を入れ削った後に型取り ラミネートベニア装着後
治療前   歯ぐきを傷つけないよう
歯と歯ぐきの間に糸を入れ
削った後に型取り
  ラミネートベニア装着後

歯の表面を0.5㎜ほど薄く削った部分(形態の修正範囲・色調により異なります)に「付け爪」状のセラミックを完全に接着。
色調や形態をごく自然に整えます。

オールセラミック

オールセラミックは、歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。
削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作した被せものを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善します。

セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。
この治療の適応性は、位置がずれている歯、形態を変えたい歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯・・・など多岐に渡ります。

また、この治療法は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの心配がありません。そして天然の歯のような仕上がりになるという利点が上げられます。
欠点としては、歯を大きく削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があるという点です。

オールセラミックは金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

オールセラミック VS 前装鋳造冠

右の症例写真は「オールセラミック」と「保険診療での前装鋳造冠(プラスチック)」との比較です。
どちらが美しく自然な仕上がりか一目瞭然ですね。

治療例 1

歯ぐきとの境目に黒ずみがあり、歯の色調もあっていない場合でも、ごく自然な歯ぐきとの境目、周りの歯と調和した透明感のある色調を再現できるのがオールセラミックの特徴。

オールセラミック施術前 オールセラミック施術後

治療例 2

変色した正面の前歯2本をオールセラミックへ。
どの歯が治療されているのか、ほとんど分からなく仕上げる事ができます。

オールセラミック施術前 オールセラミック施術後

治療例 3

薄い歯ぐきの厚みを増やす治療を行った後にオールセラミック。

オールセラミック施術前 オールセラミック施術後
TOP