北九州市八幡西区の歯科・歯医者/インプラント・虫歯治療・ホワイトニング・予防歯科・矯正・小児歯科

診療時間9:30~13:00 / 14:30~20:00	TEL:093-621-3804

治療費用

治療ブログ

症例集

亀山歯科クリニックブログ

亀山愛子のAI DIARY愛ダイアリー

亀山インプラントセンター

亀山矯正歯科センター

HOME»  治療費用

治療費用

種類・金額 説明 メリット デメリット
グラディアCK
(52,000円+税)
グラディアCKは、レジン(歯科用プラスチック)にセラミックの粉末を混ぜた素材です。
レジンには変色しやすく破損しやすいという欠点があり、セラミックには硬すぎて接触する他の歯を傷めてしまうという欠点があります。
その両者の欠点をうまくカバーした、セラミックの強度と有機材料の粘り強さを併せ持ち素材がグラディアCKです。
  • 色が自然歯に似ているので見た目が良い
  • 硬すぎず、粘り強さを併せ持ち、適度にすり減るので周囲の歯を傷めにくい
  • 金属を使用していないので、金属アレルギーが起こらない
  • 修理しやすい
  • オールセラミックよりも若干強度が劣る
  • セラミックより汚れが付着しやすく、時間が経つと変色する(唾液を吸収する)
  • 色調はオールセラミックに比べると劣る
メタルボンド
(88,000円+税)

メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。
正式名は陶材焼付鋳造冠といいます。

見た目がよく変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

さらに、中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることも出来ます。

  • 色が歯に似ているので見た目が良い
  • 中身が金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
  • 中の金属に貴金属を使用することで、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることができる
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 裏側から見ると金属が見える
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
  • 術者のテクニックよる見た目・持ちの差が出やすい
  • 中身の金属の種類によっては、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性もある。
    (銀やニッケルクロムなどの卑金属の含有量が高い場合にリスクが上がる)
セレッククラウン臼歯
(52,000円+税)
     
セレッククラウン前歯
(70,000円+税)
     
セラミックインレー
(35,000円+税)

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。

陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

  • 透明性が高いため、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない
  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが逆に粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある
オールセラミック
(110,000円+税)

オールセラミッククラウンは、冠全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(被せ物・差し歯)です。

セラミック(陶器)は汚れが付きにくく、変色もしません。

腕の良い歯科医が作ったオールセラミックは天然の歯とほとんど見分けがつかないレベルの高い審美性を有していますが、セラミックの審美性は術者の腕に大きく左右されますので、セラミックだからといって必ずしも天然の歯と見分けが付かないようなものができるというわけではありません。

  • 透明感があり、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
  • 腕の良い歯科医が作ったものは、天然の歯とほとんど見分けが付かない
  • 割れやすい
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
  • 基本的に仮止めで様子を見ることができない
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
  • 術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
ラミネート
(88,000円+税)

ラミネートべニアは歯の表面を0.5mmほど削り、その上から薄いセラミックを”つけ爪”のように貼り付ける審美歯科の一治療法です。

薬の副作用で歯が変色してしまった方や、ホワイトニングでは十分な効果を実感できなかった方などに最適です。
セラミックを貼り付けていくので前歯の欠けや隙間なども治療することができます。
歯を削る量が少なく、治療回数も少ないのが特徴です。

  • ホワイトニングより歯を白くすることができる
  • 歯の形も整えることができ、前歯の隙間もなくすことができる
  • 歯を削る量が少ないので、治療回数が少ない
  • 痛みを伴わないので麻酔の必要がない
  • 汚れや色素沈着などにより色戻りする心配がない
  • 歯を少し削るだけなので、二次カリエス(治療後の虫歯)のおそれがない
  • 歯を少しですが削らなければならないこと
  • 一度取り付けると取り外しができないこと
  • 噛み合わせなどによって剥げてしまうことがあること
  • 薄いセラミックですが貼り付けると歯が多少大きくなってしまうため、下の歯が大きくなり過ぎる場合があります
ゴールドインレー
(時価)

ゴールドインレーは、金合金でつくられた詰め物です。
金合金は非常に溶けにくいため、金属の溶けだしによる歯茎の変色や金属アレルギーが起こりにくくなります。
また、展性に優れているので歯にぴったりと適合し虫歯になりにくくなります。

  • 金合金なので強度が強く、噛む力の強い部位でも適応できる
  • 展性や延性に優れているので、虫歯ができにくくなる
  • 金属の溶け出しによる歯茎の変色が起こりにくくなる
  • 金属アレルギーの心配が保険の銀歯に比べてかなり少ない
  • 金自体の価値が高いので、治療費も高くなる
  • 金属なので見た目が良くない
ゴールドCK
(時価)

ゴールドクラウンとは、「金合金」や「白金加金」等の貴金属を使用したクラウン(被せ物)です。

金属なので見た目に問題はありますが、適合がよく金属もほとんど錆びることはありません。

白金加金(PGA合金)は金合金にプラチナを加えたもので、色が銀色に近くなりますが、適度な硬さと耐久性を備えている優れた歯科用金属であると考えられています。

見た目を重視するのであればオールセラミックやメタルボンド、ジルコニアクラウンなどが優先されますが、奥歯などあまり目立たない部位で持ちを重視するのであればゴールドクラウンが第一選択となります。

  • 金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できる
  • 最も適合が良く、二次的な虫歯になりにくい
  • 貴金属の割合が高い金属を使うことで、金属の溶け出しによる歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる
  • 金属なので見た目が良くない
  • 歯科医院によっては、保険と同じ金銀パラジウム合金を使用している場合がある
ジルコニア
(130,000円+税)

ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面の金属の代わりにジルコニアを使用したものです。
金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯茎の変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、奥歯やブリッジに使用することも可能です。

また、ジルコニアは土台の金属(コア)の色が透けるのを防ぐ「マスキング効果」が優れているため、ケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。

  • 透明感があり、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い
  • 腕の良い歯科医が作ったものは、天然の歯とほとんど見分けが付かない
  • ある程度かみ合わせの強い部位にも使用できる
  • 仮止めで様子を見ることができる
  • 色調はオールセラミッククラウンに劣る
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯やかみ合う歯を痛めることがある
  • ジルコニア自体が割れることはまれだが、ジルコニアを覆っているセラミック(陶器)の部分が割れることがある
  • 将来的に歯茎が下がって、歯と歯茎の境目が見えてくることがある
  • 術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい
TOP